00510/00807 BYI02361 K.WINGS コーチの心得(1)
(12) 98/01/09 02:05 コメント数:1
皆さん、こんにちは。K.WINGSです。
ディドさんの「指導者養成講座」も一段落しましたので(^^;、私が昔作った「
指導者の心得」を紹介したいと思います。
正月休みにパソコンのフォルダー整理をしている時に見つけたのですが(^^;、
一昨年、私のチームのコーチ達に配布した資料で、内容自体は今までこの会議
室にアップしてきたものの「まとめ」みたいな感じになっております。
著作権はフリーとしますので、コピーしてご自分のチームのコーチ達やご父兄
に自由に配布して頂いても結構です(但し、私の本文だけに限ります。事前に
メールででも連絡頂ければ幸いです)
-------------------------------------------------------------------------
「コーチの心得」
1.サッカーは小学校で終わる訳ではない。
あせらずに、ゆっくり育てましょう。1年生は1年生に出来ることしかできな
いのですから、無理に上級生のサッカーをすることはありません。同様に、小
学校6年生は6年生のサッカーしかできないことを十分頭に入れておくべきで
す。大事なのは中学校、高校になってもサッカーを続けてくれる子供を育てる
ことであり、中学・高校になった時に彼らが困らない基礎技術をしっかり身に
つけさせることです。
2.ボールに対する技術の90%は小学校時代に習得される。
スキャモンの成長曲線によると、10歳から12歳までで、人間の神経系の発
達は(成人の)90%に達します(一般にこの年代を「ゴールデンエイジ」と
呼んでいます)。つまり、ボールコントロールやボールタッチ等の運動神経に
絡む、身体的な技術の大部分がこの時期に生成されるのです。ですから、この
時期(4年から6年生まで)はとにかくボールコントロールを徹底して練習し
ましょう。チーム戦術としてのパスワークや理論は中学、高校になってやれば
良いのです。「今」、一番伸びる技術を「今」、取得させてあげましょう。
ちなみに、各年代で伸びが著しい部分は(個人差はありますが)おおよそ以下
の通りです
小学校時代・・・技術(運動神経、ボールコントロール)
中学校時代・・・体力(持久力)
高校時代 ・・・筋力(力強さ)
ですから、小学校時代に体力トレーニングをする位なら、その時間で技術練習
をした方がよっぽど効果的なのです。必要最小限の体力トレーニングは必要で
すが・・・
3.試合に勝つことは手段であり、目的ではない。
私達のチームでは、公式戦においては「勝つこと」を目標にして試合に臨んで
います。しかし、たとえ公式戦であっても、「試合に勝つこと」は子供達が成
長してゆく上での一つの「手段」であり「過程」でしかないという事を忘れな
いで下さい。「試合に勝つこと」は「目標」にはなりますが「目的」ではあり
ません。子供達には分からせなくても結構です。指導者たるコーチが、そうい
った「勝つことを目標とした試合」においても、それは単なる通過点であり、
目的はもっと先にある(子供達を育てる!)のだ、という事を常に意識する必
要があります。
4.子供は誉めて育てること。
叱るだけでは子供は伸びません。悪い所を指摘して直すより、良い所を誉めて
伸ばしましょう。完璧な子供はいる訳がありません。短所を改善するより、長
所を伸ばす。この姿勢で常に子供に接しましょう。そうすれば、それが自信と
なり、不得手だったものも上手になるものです。(特に自分の子供に対して!!)
多少運動能力が劣っていても、何か一つ自信をつけさせることにより子供は変
わります。
そして、例えばリフティングが3回しかできなかった子供が5回出来るように
なったら、しっかり誉めてあげましょう。たとえ、周りの子供達が既に10回
以上できていたとしても。
5.練習を楽しくするのはコーチの役目。
トラップやキックの基礎練習は子供達にとって普通つまらないものです。そう
いった、反復練習(基礎練習)をいかに楽しく続けさせることができるかがコ
ーチの「技術」です。学んでいるのは子供達ばかりではありません。常に回り
のコーチ達の考えや発想を学びながら、自分で「楽しい練習」を考えられるコ
ーチが優秀なコーチであると言えます。人まかせにせず、「自分の発想」でよ
り楽しい練習を考えましょう。
一つの目安として、自分が考えた練習を子供達が休憩時間にもやりたがるよう
であれば、それは大成功なのです。「もーやめよーよぉ」という声が出たり、
座り込む子供が出たら、それは失敗です。あなたの考えた練習メニューはどう
ですか?もっともっと工夫しましょう!
6.コーチの4段階
コーチには4つの段階があります。あなたはどの段階ですか?
第1段階・・・お父さんコーチ。自分の子供しか目に入らない。自分の子供に
       対しては注意が出来るが、他人の子供に対しては遠慮してしま
       う。叱る時は自分の子供からで自分の子供は絶対誉めない。試
       合中も自分の子供に対して大声で指示が出てしまう。基本的に
       自分の子供が好き。
第2段階・・・学年コーチ。割と冷静に自分の子供を見れるようになり、良い
       プレーをすれば自分の子供でも誉められるし、悪い事をすれば
       他人の子供でも叱れる。特定の学年(ブロック)の全体が見れ
       るようになり、自分の子供が風邪で寝込んでいても、練習に参
       加して子供達を教えるコーチ。試合中自分の子供に対する声が
       抑えられ、チームに対する指示が出来る。基本的に自分の子供
       が所属する学年チームが好きで、その他の学年チームにはあま
       り興味がない。
第3段階・・・チームコーチ。自分の子供がいる学年以外でも興味を持ち、い
       ろいろな学年の試合や練習に、時間があれば参加するコーチ。
       チーム全体の事を考えた上での行動や発言が出来る人。基本的
       に自分のチームであれば学年は関係なく一生懸命サポートする。
第4段階・・・サッカーコーチ。自分のチーム以外でもサッカーをする子供達
       が好きで他のチームの子供達がサッカーをしていても教えたく
       なってしまうようなコーチ。世に言うサッカー馬鹿。基本的に、
       自分のチーム云々というよりサッカーが好きで、子供が好きな
       人。
・・・第4段階はほとんど特殊な人に限られるのでしょうが、私達のチームの
コーチは、少なくとも第2段階または第3段階にあって欲しいものです。
-----------------------------------------------------------------------
この文書は監督(=チーム代表者)の立場から、各コーチに宛てた内容ですの
で、口調がちょっと一方的になっております(^^;そのままCut&Pastしておりま
すので、その点はご了承願います(^^ゞ。
K.WINGS(BYI02361)

00511/00807 BYI02361 K.WINGS コーチの心得(2)
(12) 98/01/09 02:06 コメント数:1
皆さん、こんにちは。K.WINGSです。続きです(^^;。このパートでは基本的な練
習や用語の解説をしております。
------------------------------------------------------------------------
「練習にあたっての基礎知識」
1.トレーニングの5原則
意識性・・・必ずその練習の目的に対する意識を持たせること
全面性・・・ある一部だけではなく、体全体を使うようにすること
漸進性・・・簡単なものから徐々に難しいものへと練習を進化させること
反復性・・・繰り返し練習しなければ成果がでないということ
個別性・・・個人の能力差を理解すること
2.サッカーの3B
Brain   ・・・小学生時代では、自分の頭で次に何をしたら良い判断できる
        ことが目標。
Ballcontrol・・・トラップ、キック等のボール扱い。4年から6年生までの期
        間で集中的に取得するべき
Bodybalance・・・特に低学年では意識して練習に取り入れる。中学年以上は、
        さらにいろいろな体勢からのバランスや相手からのプレッシ
        ャーの中でのバランスが取れるように。
3.トラップ練習
ボールを自分の思った所にコントロールする、全ての技術の中で最も基本とな
る技術。すべての年代で徹底的に練習するべき技術である。(私達のチームの
子供はこれが非常に下手である!)立ったままでの練習だけでは意味をなさな
い。動きながら、相手のプレッシャーの中で、自分の左右の足元に正確にコン
トロール出来るまで徹底的に練習する必要がある。
4.ドリブル練習
ボールキープ、コントロール、突破のための必須技術。低学年から重点的に行
う。足元だけを見ないように注意すること。顔をあげた状態でドリブル出来る
ことが理想。体からボールを離さない。柔らかいボールタッチ。緩急をつける。
5.ルックアップ練習
トラップ、ドリブル、キック、シュート、フリーランニングのすべてにおいて
意識すべき課題。これが出来ないと状況判断ができない(=パスが出来ない)
6.1対1
ボールキープ、突破のための最も基本的な練習。低学年から徹底してやる必要
がある。1対1で勝負できない子供がボールを保持しても、相手は何も怖くない。
-------------------------------------------------------------------------
・・・何か、当たり前の事しか言っていないのですが(笑)何かの参考になれ
ば幸いですm(_ _)m
K.WINGS(BYI02361)