ニフティサーブ(パソコン通信)サッカーフォーラムの会議室に
「ボールは友達(少年・少女・指導者)」があります。
(NIFTY FSMAIN 12番会議室)
ここの情報はサッカー未経験者の私にとって非常に勉強になりす。
NIFTYに入会されている方はぜひ一度覗いて下さい。


その中で、川崎Wings 鈴木哲夫(K.WINGS)さんと
向原町スポーツ少年団サッカー部 奥野和博(ディド)さんの発言
には何時も啓発されています。この度このホームページへの掲載を
承諾頂きました、下記にて紹介します。


注意)このページに記載の文章の著作権はK.WINGSさん、ディドさん
   にあります。
   今回お二方の御厚意により掲載させて頂ける事になりました。
   許可無く、引用・転載等なさらないようご注意下さい。

少年サッカーにおける7つの心得 (K.WINGSさん)

(1)子供のサッカーは「遊び」であり、それは「楽しく」なくてはなりません。
(2)子供のサッカーで最も大切な事は、友達と一緒にプレーする事です
(3)すべての子供に同じ時間プレーさせてあげて下さい!
(4)子供達に「勝ち」と「負け」の両方を学ばせて下さい
(5)対外試合よりも、クラブでの練習を!
(6)子供のサッカーにはバラエティに富んだ活動が大切!
(7)子供にとっての「楽しいサッカー」に一緒に作りあげていきましょう!
(8)おわりに

親のための10の心得 (K.WINGSさん)

(1)試合や練習を見に行ってあげましょう
  −子供はそれを望んでいます−
(2)試合ではすべての子供を応援してあげましょう
  −自分の子供だけではいけません−
(3)調子の良いときだけではなく、調子の悪いときも勇気つけてあげましょう。
  −批判してはいけません−
(4)チームリーダーを尊重してあげましょう 
  −彼らの判断に圧力をかけないようにしましょう−
(5)レフリーはインストラクターとみなしましょう 
  −レフリーの判定を批判してはいけません−
(6)子供が参加することを刺激し、勇気づけてあげましょう 
  −プレッシャーにならないように−
(7)試合がエキサイティングだったか、楽しかったか、聞いてあげましょう
  −結果だけ聞くことのないように−
(8)サッカーにふさわしい、節度ある用具を準備してあげてください
  −大げさになってはいけません−
(9)クラブの仕事を尊重して下さい
  −積極的に親のミーティングを持ち、どのような態度で臨むべきかを話あいましょう−
(10)忘れないでください。サッカーをするのは、あなたの子供です。
  −あなたではありません−

コーチの心得 (K.WINGSさん)

(1)「コーチの心得」
1.サッカーは小学校で終わる訳ではない。
2.ボールに対する技術の90%は小学校時代に習得される。
3.試合に勝つことは手段であり、目的ではない。
4.子供は誉めて育てること。
5.練習を楽しくするのはコーチの役目。
6.コーチの4段階
(2)「コーチの心得(2)」
1.トレーニングの5原則
2.サッカーの3B
3.トラップ練習
4.ドリブル練習
5.ルックアップ練習
6.1対1

スポーツ栄養学 (K.WINGSさん)

はじめに
勝つための3要素
なぜ「食べる」のか?
「食」の3つの役割
エネルギーの補給
エネルギーの補給(2)

【技術】パスについて (K.WINGSさん)

はじめに
定義1
定義2
定義3
技術的要素
状況判断
状況判断2
状況判断3
アイコンタクト
パターン認識
動きの原則

指導者養成講座  (ディドさん)

はじめに
発育発達と一貫指導
アイコンタクト
準備運動(K.WINGSさん)
コーチング法(補足)(K.WINGS さん)
コーチング法(補足2)(K.WINGS さん)
コーチング法(補足3)(K.WINGS さん)
ターン&マノーン ボディシェイプ
ターン&マノーン ボディシェイプ(K.WINGS さん)
まとめ