朱雀SC練習メニュー

25年度 指導育成方針(総括) (PDFファイルですので、Acrobat Readerが必要です)

和田コーチ作成

  朝練メニュー1〜14

 

  個人戦術・基本戦術(PDFファイルですので、Acrobat Readerが必要です)

朝練をして、サッカーをもっと楽しく真剣に 

◎どうして朝練をするのか?◎
 サッカーをするのに必要な技術である「ボール感覚」(ボールの大きさ、動き方を体で覚えること)と「ボールコントロール」(ボールを自由に動かしたり止めたりする技術)。これはボールに触る回数が多ければ多いほど、身についていく。
 朱雀SCでは、指導者がついての練習を土日に行なっているが、土日の練習だけでは、「ボール感覚」と「ボールコントロール」が充分に身につかない。
 基礎の部分である「ボール感覚」と「ボールコントロール」を平日の朝練で身につけ、土日の練習で全体的なサッカーの練習をしていくのが、朱雀SCの練習スタイル。
 朱雀SCはサッカーの塾じゃない。サッカーをしたい・上手くなりたい選手をサポートし、サッカーを楽しむ場所とアドバイスを提供しているクラブ。朝練もサッカーをもっと楽しみ、上手くなる為に必要だから、している。

◎朝練の内容◎
 時間は7時半から8時まで。その30分の中でボールタッチ・ターン・トラップ・リフティングの練習メニューをしている。具体的な内容は、2週間毎に”朝練メニュー”を配布する。ボールを強く蹴る事やミニゲームはメニューに入っていないので、しないように。3年生以下で参加する選手も同じ内容にチャレンジしよう。

◎6年生の役割◎
 朝練の全ては6年生に任せてある。出席者の確認、朝練内の指示、各練習メニューの下級生へのアドバイス等。
 一つ一つを丁寧にする事の大切さ、リフティングでの目標へのチャレンジ意欲を持たせることを意識して、朝練に参加するみんなで上手くなっていこう。
2001年度練習メニュー リンク

2000年度練習メニュー リンク